セキララ☆自分ストーリー

第24回 再び世界が広がり出す

2021年6月11日

恋愛、仕事、趣味……自分の望むライフスタイルを実現し、豊かなパートナーシップとともに、人生の質を上げていきたい。

そんな ”質上げ女子” のみなさんのお役に立てたら幸いです。

私の体験から得たさまざまな学びと想いを自分ストーリーとして全50回にわたり連載します。ぜひご覧ください。

セキララ☆自分ストーリーの一覧はこちら ↓

全50回 セキララ☆自分ストーリー

恋愛、仕事、趣味…… 自分の望むライフスタイルを実現し、豊かなパートナーシップとともに、人生の質を上げていきたい。 そんな ”質上げ女子” のみなさんのお役に立てたら幸いです。 * 今でこそ、順調にい ...

続きを見る

 

第23回 ドンキーな日々 はこちら

第24回 再び世界が広がり出す

転職と同時に、私は本社ではなくてお客様の会社に派遣されていきました。今考えても、大胆すぎる人事配置なのですが、私にとってはプラスに働いていくことになります。

先方も、ひよっこみたいな女の子が来たから、「え…もっとベテランが来るんじゃないの?大丈夫なの」と戸惑っていました(*´▽`*)

海外事業部みたいなところに配属された私は、海外拠点のお金まわりのサポートをすることになります。とはいえ、なんでもやります屋みたいになっていたので、最終的には法務案件も手掛けることになります。

とにかく視界がぱぁっと広がったような気がして、あらゆることが初めての体験で面白くて仕方がなかったです。

ちょっとしたところでは、前職では節約の社風があったので、文房具はほぼすべて自前で調達する必要がありました。

でも転職先では、ボールペンも消しゴムも、クリップものりもノートも、あらゆる文具が潤沢にあって自由に使って良いよとなっており、ものすごくびっくりしました。

文具好きの私としては、豊かさを感じて感動したのを覚えています。(もちろん、必要な分だけ使わせてもらいました!)

英語を使うのも初めての経験でしたが、メール文の最後に「best regards」と書いてあるだけで、「へぇ!こんな文言使うんですねー!」と物珍しくていちいち面白かったです。

海外事情部特有のにぎやかな雰囲気も新鮮でした。あちこちで電話が鳴り、打ち合わせに出るためにみんなバタバタ動き回っている。

それまで、大人しくて人目を気にするタイプだったのですが、そのフロアは明るくて個性的な人が多かったので、「私が何をしていようが、誰も何も気にしないんだろうな~」と思わせてもらえたことで、気が楽になった面はありましたね。本当にキャラの濃い人ばかりだったんです。

みんな優しくて丁寧に教えてくれましたし、業務に厳しいところがある反面、アットホームな空気感もあって、私の心は少しずつ癒されていきました。

それまでアットホームな雰囲気などは、「仲良くしなければならない」という強制力を感じてしまうため苦手だったのですが、転職先のアットホームさは、なぜか自然と「仲良くなりたい」と思えるものでした。

残業してもそれが気にならないほどで、まさに大海原を前に立っているような爽快な感覚さえありました。

第25回 ライフワーク探し に続きます!

-セキララ☆自分ストーリー
-, , , ,

© 2013 Aya Takami All Rights Reserved.