イベント・ワークショップ

【好きを仕事にする心理学ワークショップ】やりたいことで生きていくには?

2020年6月26日

これは、私がずーっと扱いたかったテーマ。ようやく開催できる~!と思ったらうれしくてしょうがないです。

「今の仕事はなんかちがう」「好きなことはあるけれど、それがどう仕事につながるのかわからない」そんなご相談をよくいただきます。

今は、心の充足を求める時代になりました。加えて、AIの活用も進み、仕事の在り方もこれから様変わりしていくと言われていますよね。

だからこそ、このタイミングで自分のやりたいことに向き合うことは、大きなギフトになるんじゃないのかなと感じています。

かつては、私もみなさんと同じことで悩んでいました。

情熱を傾けられることがやりたいと思っていたのですが、当時やっていたことはどれもそこそこだけどいまいち引きが足りないというか、一生をかけるにはピンとこない。

このままでいいのかな? ずっとこのままは嫌だな。かといって、どうしたらいいかわからないし痒い所に手が届……かない。そんな悶々とした時間を過ごしてきました。

そのときの私は、職業とか職種などで仕事を探していましたし、今の状況からなんとか抜け出したい、自分に自信を持ちたいと思っていました。

今から思えば、その観点で探そうとすると遠回りしやすいのですよね。

好きなことで生きていこうと思うなら、注目すべきは「感情」です。自分はどんなときに心が喜ぶのか?が一番大事なポイント。

今回のワークショップは、同じ名古屋を拠点として活動する服部希美カウンセラーとのコラボワークショップです。

服部カウンセラーもいい記事書いてます!>>>

↓これはちょっと前に撮ったもの。左が服部カウンセラー、右が私。今回のワークショップはオンライン!(全国、海外どこからでもご参加いただけます♪)

今でこそ、一緒のお仕事をしてやりがいを感じていますが、私たち2人はキャラクターもこのお仕事にたどり着いた経緯も全然ちがうのですよね。

声優の夢を叶えるために上京。しかし夢に恋に挫折続き。人生がどうしようもなくなった結果心の世界にたどり着いた服部カウンセラー。

それなりに順調な人生だったものの、夢中になれるものを探して資格ゲッターとなり、簿記、税理士(科目合格だけね)、通関士、FP、英語…これだけやれば自信がつくかと思いきや、逆に虚しさが倍増した高見。

紆余曲折を経て今に至ります。バックボーンが全然ちがう2人だからこそ、いろいろな物の見方ができて面白いと思います。

好きなことを仕事にするのってキラキラしたイメージかもしれませんが、結構地味だし怖いこと。なしにろ勇気がいります。

ただ、やりたいことで生きていくことができたら、すごく楽しい!

ずーっとやっていても飽きないし、次はこれしようかな、これしたらどうなんだろう?と興味やアイデアが尽きることがない。

満たされて、心に余裕ができ周りにも優しい人になれる、という嬉しいおまけもついてきます。

いい気分を感じる時間が増えるので、こんな自分もちょっとはいいかな?と思えるようになる。

やりたいことをして生きるようになると自己肯定感がアップするので、仕事面だけではなく、人間関係でも恋愛面でも良い影響がもたらされるのです。結果、人生全体の満足度が上がるわけですね。

このテーマ、ずーっと前からやりたいな~と思っていたのですが、色々検証をしてからじゃないと材料が足りないと思っていたので…ようやく、今ならできる!と思えたのです。

今まで学んできたことの集大成を出し切って、参加される方の疑問や不安を払拭したいなと思っています。

過去、同じようなことで悩んできたからこそ、どこで躓きやすいのかもわかりますし、遠回りになりやすいポイントもわかります。

ワークショップでは、服部カウンセラーと私の体験談などもいろいろと織り交ぜながら、好きなことを仕事にするために知っておきたい大切なポイントを詳しく解説します。

このワークショップではマイクとビデオは任意となりますが、オンにしていただくと、より楽しめるかと思います!

当日は講師によるレクチャーに加えて書き出すワークをします。なので筆記用具をご用意くださいね。(グループ実習はいたしません)

質疑応答も予定しています。疑問質問あればご用意くださいね。

もちろんマイクビデオなしで、チャットでのご参加も大丈夫です。(ただしチャットに書き込むときは、お名前が表示されます)

※※※

高見綾&服部希美のコラボワークショップ
テーマ:「やりたいことで生きていく~好きを仕事にする心理学~」
8/29(土) 13:30-15:30
会場:ZOOM
料金:¥3,300

お申込みはこちら<<<

お支払いはこちら<<<

オンラインワークショップ参加手順はこちら

-イベント・ワークショップ
-, ,

© 2013 Aya Takami All Rights Reserved.