自己実現・やりたいこと

自己表現への欲求と隠したい自分の姿

2019年1月3日

ここ最近、昔の友人知人がこのブログを読んでいくれていることがわかりまして。

前の私だったら恥ずかしい~となるかなと思ったんですが、今はもう、ただ嬉しくてあったかい気持ちに。

以前の私は、とにかく表現したい!という欲求が強かったのですが、でも、どうやって?何を表現したいの?については正直よくわかっておらず、どうしたらいいかわからなくて悶々としていたなーと思い出します。

手段は何でもいいんですけどね。ダンスなど、体を使って表現するのでも、文章でも、絵や音楽でもただおしゃべりして、自分の思っていることを素直に表現するのでも。

そういう表現ってコミュニケーションの手段なのかなと思うんです。

自己表現したいと思っている人は、根底には、人とつながりたいという思いがあるのではないかな?と思っているんですが

一方で、自己表現したい、でも、見られたら恥ずかしい、嫌だ、自分を隠したい、そんな思いも隠れていないでしょうか?

自分を隠したいと思いながら人に見てもらうことって難しいですよね。

隠したいと思っているときは、自分のことをなにか良くないものだと思っていることが多いです。良くない自分がバレたらそりゃ怖いですものね。

ただ、時代の流れなのか、年々隠すことが難しくなってきているのを感じます。

もし、自分を隠さずにいられてどうぞどうぞ、見てくださいなってできたら、どれだけ楽で解放的でしょうね。

むしろ、伝えたいことをどんどん表現していこう!となれたら、その頃には見られたくない、隠したいという思いはどこかに飛んでなくなっているはずです。

自分を隠していると人から理解されにくいので、いつも孤独感を抱えることになりがち。

少しずつでも自分を隠さずに解放していけたらいいですね。

-自己実現・やりたいこと
-,

© 2013 心理カウンセラー 高見綾  公式サイト