自己実現・やりたいこと

私しかできないこと、私だからやれること

2017年10月26日

ちょっと前に、友達と会ったらついに見つけたらしいのですよ。

私にしかできない仕事、私だからやれる仕事を。

「これだ!」と、腑に落ちたみたいなんです。

それを聞いていて、わ~すごいなぁ!と年下の友達なんですけど、とっても誇らしく感じてただただ嬉しかったというか。

もともと目の前のことに全力でぶつかっていく人でしたけど、全力すぎてぶつかって曲がって色々あって(笑)でもまたそこが魅力でしたけどね

「私には能力が足りない」とずっと思っていたらしい彼女。激動を経て、こういうふうに繋がっていくのか・・・

「やったことは無駄にならない。どこかで繋がって来る」と本人も言ってましたが、壮大です。ほんとうまく出来てるもんだな~、と思いました。

何より、その大事な仕事が本人の「愛」を拡大させた結果だったというところが、また素敵です。

彼女が「これか!」と気づいたときと、私自身の変化のタイミングが似た時期で、しかもよく似た内容で気づきがあったところも、余計に嬉しかったところです。

「綾ちゃん、プライベートでも聞き上手だからさ。綾ちゃんが話してないのを忘れてしまうくらいなの~!」と大笑いしていたのが、またね、可愛かった。

カウンセリングという目に見えない仕事にも敬意を払う、そんな彼女のスタンスにまたリスペクトです。

私にしかできないこと
私だからできること
私がやりたいこと

それが見つかったらとても幸せですよね。
自信も出てくると思います。

これ、頭で考えてもこの答えは出て来ないのでハートにつながるのがポイントです。

私にしかできないとか、私だからできるというのは、技術的なことというよりも「私」の良いところも悪いところも全部ひっくるめて「私」を受け入れて、じゃあどう生かすかと発想が変わったときに出てくるもの。

心が感じるようになると、あなたの愛の部分に触れるようになる。「私がやりたい」と思うことは、何らかの形で「私の愛」を表現するものになるだろう、と思います。

私がカウンセリングで関わるクライアントさんはもちろん「愛されたいし大事にしてもらいたい」んだけど、最終的には何かやっぱり「愛したい人」であるように感じます。

それが仕事という形であれ別の自己実現という形であれ、それはわからないけれど、あなたなりの「愛」に触れ、そしてそれを表現することができるようになるといいですよね。

自分の心が愛につながっているときは、怖れや不安よりも感謝と信頼へのパイプが太くなるものです。

-自己実現・やりたいこと
-, ,

© 2013 心理カウンセラー 高見 綾  公式サイト