自分らしく生きる

非生産的なことは実は超生産的なことだったりもする。

2015年12月10日

昨日書きました記事(非生産的なことは豊かさにつながる)はタイムリーだったようで、色んなところから同じようなお話をお聞きしました。

そこで改めて思ったのが、物質的な成果を生まないような非生産的なこと、つまりは趣味でもいいし、ぼーっとTVを見ることでも、お昼寝をすることでも何でもいいんですが、これらは何も生み出していないように見えるんですがあなた次第で生産的なことになり得ます。

あなた次第というのは、その物事についてどういう感情を持つかだけなんですが、それら非生産的なことをすることで、嬉しいなと思ったり、わくわくしたり、喜びを感じたり、ほっと安心したり穏やかな気持ちになるのであれば、あなたがその時感じた良い感情は、将来の良いことを呼び寄せます。

今、喜んだ分だけ未来に喜びをもたらす出来事がやってきます。(喜びのアンテナが立てばたつほど、喜びをキャッチしますしね)そう思うと、超生産的なことじゃないでしょうか。

知識を得ること、勉強すること、数値的な結果を出すことだけが生産的で価値があり、報われることだなんて、そんなことはないはずです。(これらが喜びならどんどんやってくださいね)

もちろんそれらも素晴らしいことなのですが、あなたにとっての価値はそれだけじゃないはずです。

物事には良いも悪いもないので、あとは意味づけを自分が良いようにつければいいんです。自分が、これは喜びであり楽しみだと意味を付ければ、そのようになりますし、未来の自分にとってもいいことがもたらされます。

自分の「好き」だという気持ちを、社会的な価値観などで抑圧しないことですよね。「それができれば苦労しないじゃん」って葛藤する気持ちもよくわかります。私もそうだったもので。

もし、好きなものは好きだと迷いなく言い切れるようになれたら素敵ですよね。

-自分らしく生きる
-,

© 2013 心理カウンセラー 高見 綾  公式サイト