自己実現・やりたいこと

非生産的なことは豊かさにつながる

2015年12月9日

何かと忙しい現代では、成果を出さなければと焦ることも多いものです。

働いてお金を稼ぐことだけが生産的なことだと思っていると、自分が働いていない状態になったときや、お金にならないような、ただの楽しみのための行動(趣味とか)は非生産的だと思いがちになるようです。

それも馴染みのある考え方なんですが、豊かさとか楽しさ、喜びって、非生産的なものの方にたくさんある気がします。(働いてお金を稼ぐのも、それが好きなことならもちろん豊かさにつながりますね)

ただ好きだからとか、なぜかわくわくするという理由だけでできるようなことは、たとえそれがお金を生まなかったとしても、心には大きな豊かさをもたらしてくれます。

それに、お金を生むか生まないかも現時点では生んでいないだけで、将来的にどうなるかは誰にもわからないのです。

幸せになるという側面から考えると、生産的であるか、非生産的であるかは、あなたの幸せには何の関係もありません。

むしろ、どちらをするにしても、あなたの心が喜んでいるかどうか、それだけが幸せを決めるようにも思うのです。

生産的なことをして成果を出すと、一時的には満足できます。一時的には幸せになります。

でも本当に心から喜びを持ってやったことでなければ、その後で虚しさがやってきたり不足感がしてもっともっと成果を出さなければ!となります。これでは終わりがありません。豊かさを感じる前に疲れてしまいますよね。

好きでやっていることには意味がないし、あっても個人的な理由があるだけです。非生産的に見えて、本人にとっては実はとても生産的なのですよね。

何をしているときが自分の喜びなのか。その感覚に素直に従うことが、幸せと豊かさをもたらしてくれます。

-自己実現・やりたいこと
-, ,

© 2013 心理カウンセラー 高見綾  公式サイト