高見のエッセイ

カウンセラーのお仕事とみなさんへの感謝

2015年11月11日

おはようございます(*^_^*)

自分の気持ちがわからなくなるときってよくありますよね。いろんな感情がごちゃごちゃしてきて、どんな気分?と聞いてみてもいいんだか悪いんだかわからなくなってくることも。

そんなとき、心って難しいなぁ!って思いませんか? だからこそ、人の心理について興味が沸いてくるものなのかもしれません。

難しく見えるものほど実はシンプルで、簡単に見えるものほど奥が深い。ってどこかで一度くらいは耳にしたことありませんか?

私はここ最近、この意味を色んなところで実感するようになっています。

心理は難しく見えるようでいて、実はとってもシンプルである。そう思います。心の法則ってとてもシンプルなルールで出来ているのです。

でもそれが今までの常識やら価値観やらに比べると理解しがたいものだったりするので複雑怪奇なものになってしまうんだろうと思います。

シンプルな法則と、私たちの今までの複雑な歩みとの間には何かしらの違いがあって、つなげようと思っても違いすぎてつなげられないことが多いもの。

頭で理論はわかったけど、でもどうしてもできない、そうは思えないことたくさんありますよね。

今までの経験から蓄積された抵抗感や無力感、それらを越えていく必要があるんです。その橋渡し役がカウンセラーとしてのお仕事なのかなと思うんです。

そう思うとシンプルだけどとても奥深い! 私はこのわけのわからない感覚がとても好きです笑。

このブログも、「毎日更新して大変ですね」と言っていただけることが多いんですが、もちろんネタが思い浮かばなくて困るときもありますが、それでも私にとってはこのブログはとても大切な場所なんですよね。

書くことが好きだし、表現することも好きで、それを読んでくださった方から「気付きがありました!」「いつも見ています!」とメッセージを頂けることが本当に嬉しくてまた書く気になります(単純な性格のため、すぐ調子に乗ります笑)。

たくさんの読者の方に支えられてこのブログがあります。アクセス数もさらに増えてきています。本当に感謝しかありません。

色んなカタチで、頂いたものを還元していけるようにがんばりたいなって思います。いつもありがとうございます。

-高見のエッセイ
-, ,

© 2013 心理カウンセラー 高見 綾  公式サイト