自己実現・やりたいこと

何気なく時間を使っていることに、やりたいことのヒントがあるかも。

2015年9月9日

カフェとかごはん屋さんに入ると、どんなお客さんが来ているんだろうと私はついキョロキョロしちゃいます。

年齢層はどのくらいで、お友達のグループなのか、カップルなのか、どんなシチュエーションで利用されているのかな、というのをほぼ自動的に察知していきます。

考えようと思ってるわけじゃなくて、ただ興味があるだけなんです。どんな人がどんな想いで働いてるのかなと物語を想像するのもまた楽しい。

普段も、あの人はなんでこういうこと言ったんだろう、と人の背景や心理を考えていることが多く(もちろん自分の心理も)まぁ、飽きもせずそんなことばっかりに時間使ってるんですよね(笑)

しかも、子供の頃からずっとそうでした。クラスの子のことを、あいうえお順でノートに書いてたりしましたっけ(笑)

女子はグループの中で生きなきゃいけないところもあったので、クラスの勢力図やグループの関係性にも割と敏感でしたね。

今、カウンセラーというお仕事をしているのも、今から振り返ると繋がっているなと思うんですよね。

自分からすると、そういうことに時間を使っているのって当たり前すぎて気が付かないんですが、人と比べてみると「あれっ。私の時間の使い方って周りの人と違うかも?!」と気付くことがあります。

あなたにとっては当たり前すぎる時間の使い方。いつもどんなことを考えていますか? ついつい目が行ってしまうのはどんなことでしょう?

当たり前の中に、あなたの個性がきっとありますやりたいことのヒントがたくさん詰まっていると思うんです。

-自己実現・やりたいこと
-,

© 2013 心理カウンセラー 高見 綾  公式サイト