高見のエッセイ

御来光をお裾分け@伊勢神宮

2020年12月22日

昨日は冬至でしたね。

みなさんはゆず湯につかったり、がぼちゃを食べたりしましたか?

普段は、夏至や冬至などは、そんなに意識しているほうではないんですが、今年は節目の時期というのもあって、伊勢神宮にお参りしてきました。(伊勢に行くのはかなり久しぶり!)

御来光をばっちり見ることができました。寒いかな?と思ったんですが、案外それほどでもなく無事に戻ってこれました。(感染対策はもちろんしっかり!で)

縁起が良さそうな気がするので、ブログ読者の方にも御来光をお裾分けしたいと思います。

冬至の朝@宇治橋です。あともう少しで日の出を迎えます。このときはまだちょっと寒い。鳥居の上には鳥さんが可愛くスタンバイしてますね。

周りから「おぉ~!」とどよめき。ピカーっと、太陽が昇ってきました。あったかい!

天気が良くて、ものすごいパワーのある光に照らされました。眩しくて見つめていられないほどです。

もうあと少しで今年も終わりを迎えます。

今月もたくさんの方とお話させていただいていますが、みなさんそれぞれに、気付きと学びの多い1年を過ごされています。

迷うことも、悩むことも、これからもたくさんあるかもしれません。

今年は自粛期間などがあり、自分を見つめ直す時間が取れた人が多かったように思います。いろいろなことが整理され、自分にとって大切なものが見えてきた人もいたのではないでしょうか。

これからは、当たり前のことを当たり前にやることが、ますます重要になってくるかなぁ、なんて思ったり。

来年はどうなるのか、いろいろな情報が溢れていますよね。

私自身は、気合を入れてがんばろう!と思っていますが、あまり悲観的な感覚は持っていません。この先がどうなるのか、予想ができないからこそ、自分なりの感覚をつかみ、自分なりの方向性を見出していくことがとても大事になってくると思っています。

もちろん、そのためのサポートは惜しみなくさせて頂きます。

読者のみなさまに、この御来光のように、たくさんの光が降り注ぎますように。

-高見のエッセイ
-, ,

© 2013 心理カウンセラー 高見 綾  公式サイト